TOP お客様の声 お問合せ

ホリスティックスタイルオズのブログ

赤坂のエステサロンホリスティックスタイルオズ TOP ≫ オズのブログ

新世代のハイフ(Hi-Fu)、Di-Focus ディ・フォーカス!


こんにちわ。赤坂のエステサロン、ホリスティックスタイルオズです。

 

お知らせが遅くなってしまいましたが、最新のハイフ(Hi-Fu)マシンを導入しました!

その名はディ・フォーカス(Di-Focus)。

 

ハイフとは?

ハイフとは、超音波を使い皮下脂肪に熱を加え、体外への排出を促す超強力なマシンです。

 

超音波を使った痩身マシンでは、キャビテーションと呼ばれるものが人気でしたね。超微細な泡を脂肪細胞膜に発生させ、その破裂するエネルギーを利用して脂肪細胞の数を減らすというのが、キャビテーションです。

それに対し、ハイフと呼ばれるシステムは、超音波を収束させ、皮下脂肪の一点に焦点を当てて照射することで、その部分に熱を加えます。太陽光線を虫眼鏡で集めて紙に火をつけるようなイメージですね。

そういってしまうと怖いような気もしますが、もちろん火が付くほ高い温度になる訳ではありません。それに温まる点が照射部分を中心として1mmほどの小さな範囲なので、脂肪以外の骨や筋組織など、結合の強い体組織には、ほとんどダメージを与えることはありません。

 

他の痩身マシンと、どう違うの?

それでは、ハイフは他の痩身マシンとどう違うのでしょうか。

単刀直入に言えば、「皮下脂肪を減らす」という事に関しては、他のマシンの追随を許しません。もちろん美容整形のように、一回で何リットルもの脂肪をその場で排除することはできませんが、メスを使わない方法としては、現時点で最も効果が高いのではないでしょうか(同じハイフでも出力が弱いものがあるので注意)。

ただし、ハイフは強力な痩身マシンですが、例えば筋肉に刺激を与え活性化させるEMSや、むくみを取りセルライトなくすエンダモロジーなどは、そもそも目的が異なると言えるので、同列に比較することは難しいと思います。

また、後述のように、ハイフにも欠点はあります。その欠点を補うために、キャビテーションやラジオ波と組み合わせてあげることで、より痩身効果を高めることができます。

 

ハイフには欠点はないの?

特にリスクもありませんが、欠点を挙げるとすれば、主に2点あります。

一つは、照射する深さが一定であることです。ディ・フォーカスの場合は皮膚から1.3cmの深さの1点に焦点を当てるので、それより深い部分には何の効果もありません。

もう一つは、脂肪が排出されるまでに要する期間です。EMSやキャビテーションであれば、間を2,3日開けて施術可能です。ラジオ波の場合は、およそ1~2週間程度の感覚で施術可能です。それに対し、ハイフは約1~2か月かけて、脂肪が排出されていきます。

脂肪自体は既に排出を待つだけのやわらかい状態になっているので、その場でサイズダウンを実感することができます。ですが、本当に効果を実感していただけるのは、一般的に2週間~1カ月ほど過ぎたころになるのです。したがって、その間に同じ分を施術するのは、極めてもったいないため、原則的にはお断りさせていただいております。

ただし、別の場所を施術するのであれば、全く問題はありません。1週間に1~2回の頻度でご来店される方もいます。

 

また、これはハイフに限らないのですが、施術により肌に赤みが出ることがあります。通常は長くても2,3日で消えますが、施術後すぐに露出する予定のある部分は、施術を控えた方が良いかも知れません。

Di-Focus

ハイフにもさまざまな種類がありますが、ディ・フォーカスはその中でも最強クラスであることは間違いありません。

 

オズの施術がますますパワーアップしたというお話でした。

 

※ハイフ痩身のトライアルコースについては、お問合せくださいませ。



お得なオズチケットのご案内
ホリスティック・ラボ
Blog
オズのフェイスブックページ
水素フェイシャル
このブログのトップへ
→メニューはこちら→インターネットからのご予約はこちら